中学受験を通して子供が一歩成長した

中学受験は高校受験とは違って、学校の先生が偏差値を調べて助言してくれたりするわけではありません。基本学校側はノータッチなので申込みの時期やオープン模試、偏差値なども自分で調べてスケジュールに間違いが無いよう念入りに管理していかなければなりません。仕事で忙しかったりすると学校見学に行くのも大変です。子供だけに学校の選択や受験の準備を任せるわけにいかないので親が家で調べる仕事がたくさんあります。
また中学受験は一般の公立小学校で習っている内容とはレベルが違うので子供にちゃんとした中学受験対策の勉強をさせなければなりません。しかしとても子供ひとりで全て理解して解けるような問題は少なく、親から見ても教えられないような難しい問題ばかりです。子供に何か教えようと思っても正直分数の通分すらやり方を覚えていませんでした。やはり中学受験には専門の塾なり家庭教師なりをつけてこれらの情報収集や勉強の指導をやってもらえると助かります。オープン模試にむけてスケジュールの確認や子供に声掛けをしょっちゅうしてくれますし、何より親が何か言わなくても子供が先生から指導を受けて自発的に動くことが増えました。中学受験は子供が自分の将来を決める人生の岐路でもあるので、自分で行動して成長していく姿が頼もしかったです。